スポンサーサイト

  • 2016.05.06 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ウテナ黒薔薇編についても

 序でに黒薔薇編についても考察してみました。
 映画版見ましたが、まとまり過ぎててお行儀よく感じたなぁ……
続きを読む >>

少女革命ウテナ、鑑賞終了

 ウテナ観ました。とりあえず感想兼考察みたいなものを。
続きを読む >>

ここのところ

遊戯王ZEXALにはまってます。
アニメを久しぶりに楽しく見てます。周りのプリキュア旋風を横目に遊戯王。
ちょっと前に初代遊戯王好きになったのですが、やっぱり良いものです。
何が良いのかっていうのがイマイチ掴み切れてないけど、何と云うかデュエル形式やモンスターやキャラクター関係や、作品の端々に美意識が行き届いてるなぁと感じます。あと主人公の性格がウザったくないもの好きです(重要)。

ぴりーさんと以前プリキュア序でに「所謂『魔法』を作品に出すならそれ相応の作りこみが不可欠」みたいな話をしたのですが、正確に魔法という訳では無いけれど、遊戯王作りこんでて凄いなぁと思います。高橋先生は元より、素敵なチームで作品を作り上げてるんだろうなと感じる。

どんどんサモンナイトみたいに異世界が複数出てきたりしてとてもワクワクしてます。あとろくでなし父親sとそれに苦しむ息子sと下の子想いのお兄ちゃんsが出てきててもう…もうね…!
カイトさんの弟への愛情は見てて辛い…。

カードゲームにすること前提でカード作ってるからかもしれないけど、やっぱり作りこんでるよねぇえええ(話戻る)
あの凝った設定がとても好きです。特に今回キャラ毎にデッキの方向性が違ってて、見てて楽しい。
うふふ来週も楽しみなのですよー

「地球へ…」を

読了しました。えびぞり。(何度目)
キースが…というかマツカやシロエやサムに負い目ありありのキースが好きです。
割とマツカ目線でキースを追っちゃうなぁ…。ああいう関係ってありそうで無くて凄い
ところでどうしてマツカはあんな何か…こう…えびぞり要員なんですかね…(違)
ミュウ側だとトォニィが好きだ!ジョミーを一番に思ってるのに永劫報われないトォニィが好きだ…
ソルジャー・ブルーはまあ鉄板というか何と言うか。ほんとにかっこいいなぁ。大好きだ…
という訳で割と、思ってたよりはキャラ漫画でした。

あと皇なつきさんのデビュー作、「蛇姫御殿」を遂に読みました!
というよりも文庫「黄土の旗幟の下」を読んだというだけなのですが…
皇さんの救われない感じの話は美しさの極みすぎて好物だ…
「李朝暗行記」とかね…うう…
これデビュー作ですかっていうハイレベルぶりで私は何だかもう…うう…

それで七百円が飛んだ…そしてゴールデンデイズが集まらないっていう

あと最近懲りずにまた小説書いてます。長編終わらせられる人になる為にノートとかも頑張ってます…

何だかー散財をーしたようだー

修羅場オワッタ!!!おお正しい片仮名の使い方
そんな訳でTwitterでもばしばし連呼しておりましたが将国のアルタイルが今凄く!きてます!
でも何か余りこう、名作だよっていうオススメの仕方は間違ってんじゃねーかと思わんでもない…
というのもこの作品、何やら色んな意味でほしなみ得な感じがする…(笑)
十二国記みたいに作りこまれた世界観が好きな人には是非是非オススメしたい…マクロ経済と政治力学もちょみっと入ってます。

キャラの話になるとこう…久々にそういう目でキャラを見てます…ああ主人公受けっ子だなみたいな…(はいそこ)
あの序盤の不遇っぷりとヤラレっぷりは何なの。あと安定したフラグ回収…そして神経質鬱屈美形少年 完璧だな
マフムート君(主人公)ねー…
思うに、一巻のサービスシーン(※喘ぎ)がいけないと思うんですよ。ですよ。
だが余り強硬に言える訳も無く…
しかし暴力描写の方が所謂BLフラグを立てるあはは描写よりもずぎゃんときてしまう辺り、CLAMP作品の影響がここでも…昴流にしろ神威にしろ、どうして受けキャラだと判定されてしまうかといえば矢張りそれはやりたい放題殴る蹴るを(神威はそんなもんじゃないが…)されているというところに理由がある訳でして。
そう思うと一巻であれだけ主人公が窮地に立たされぜぇはぁしてるとそれだけで私の脳みその何かしらのそういう判定スイッチが入ってしまったのかなーと。  長い。

あと何だか  ザガノスさんが凄く…スネイプ先生です…(色んな意味で!)
ザガノスさんとマフくんは良きライバルになるのだろうと思ったら…上司と部下というかそれ以上の力関係…(笑)想定外です
そしてザガノスさんが意外と年上でしたひゃっふい あれで二十代後半は詐欺

でも叔父様が一番…好きです…!

名シーンは8巻の櫂が絡まって…!だと思うが誰一人賛同してはくれまい

以上です。

あっ
何だか葛城さんと鞍作さんの山背死亡後の痴話喧嘩(違)書きたいです メモ

皇甫少華あああああ!

何か画像が出ないのが微妙な気分ですが、とりあえず新☆再生縁の二巻を買いました。というか今月新刊ラッシュでした地味に…(笑)

いやー殿下ぁ〜によによ、な巻だった筈なのですが(そうなの?)。
もうね!錦衣衛の官服着た許婚さまがかっこよすぎましてね!!!
一巻から皇甫少華派ではありましたが、ここまでしてやられるとは…!
錦衣衛は官服が華やかとの記述がありましたが、それって官になるなら執金吾って、あれと同じ感じですかね…(笑)

最近服飾史な史料が洋の東西を問…いますが(問うのかよ)凄く欲しいです。
日本のも中国のも朝鮮のも欲しい。というか全部欲しい。くれ。
昔から時代劇好きコスチュームドラマ好きではありましたが(そして確かに二年前に服飾史でレポートを書きましたそういえば…)ここまでだったっけね。でもホントに服飾史好きです。浪漫浪漫。

肝心の感想の方は、まぁ秋田書店だし滝口先生だし中国王朝ものだしなので、「ですよね〜」的展開だったね。もうね。はは。
殿下がどうやら君玉の正体に気付いてるぽくて、ここから彼女の恋はどーなるのかと考えると結構面白い。でもごめん、許婚さまが一番脈無さそうね…(おい)
北宋風雲伝と違って展開が全然分からないので、わくわくしっぱなしです。惜しむらくは刊行の空白期間長いよね…隔月だからしょうがないけど;

滝口先生はデジタルになって格段にカラーも綺麗になったし描画もすっきりして、お貴族様の服装にはデジタル強いわーと思いました。珠簾の処理とか。マジ12本鬼畜…

いやーでも今回やっぱり錦衣衛の官服にときめいたわー。凄いかっこいいあれ。何あれ。ホント秘密警察ぱない。近衛兵ぱない…花一揆(字合ってるか…?)思い出すよね。時代は同時期くらいだろうけど。

以上ですよ

ぶわわわ

とりあえずCLAMP新連載とそれのプロローグ読みきりに関してはあわあわしすぎて、ブログの文章下書きが五つくらい溜まってるのが現状です(挨拶)

橘さんがかっこよすぎますね。絶対大川さんは彼をいじくり倒すだろうと思われる(え)ので期待しておく。
はなちゃんはかわいいのー>< 私はああいう女の子凄く好きなので楽しみです。

簡単な考察としては蓮の花がどうやら重要なものっぽいですが、桜と橘なら真ん中は菊ではないのかと……まぁそこらへんのひっくり返りも楽しみたいところです。あと致佳人がどういう役回りになるのかとか。京都のあれそれがどれくらい出てくるのかとか。

憂慮せなあかんのはSQ連載なんでジャンプ本誌程では無いにしろ俄かがくっついてくるんじゃないかってことですねはい……まぁCLAMP作品は俄かを追い払う「俄か耐性」なるものが割と在るように思うので(つまり露骨に言ってしまえば序盤で同人誌出しても後半で齟齬が出来てしまう可能性が高すぎる)まぁどうなのか……でもその内何割かはそのままファンになってしまえばいいよと思う。

カラーは……何種類画材使ってんですか……(笑)
猫井さんともこなさんが遂にタッグを組んだのか!?コピックにカラーインクにガッシュにCGですよまさか……(笑)ていうか少年誌でカラーインクなぞ使う人はおるのか。という。
でも漸く自らの牙城で勝負をする様な漫画になったなーという印象。舞台といい戦闘方法といいトリオのバランスといい、正直ツバサ御一行をもっと好みにリメイクした感じですね何だか。素敵素敵。
服装とか限りなくじゃらじゃらしてたので、もうもこなさんがまたじゃらじゃら装飾を描いてくれるのかと思うと!どきどきしますね!
凄く楽しみですが単行本派なのでSQは講読しない方向でいこうと思います……立ち読みも基本的にナシで!!

世界構造としてはまたもや新発想目白押しでワクワクしておりますです。でも何だか物凄く昴流……というか皇家あたりが絡んできそうでもにょにょにょ……CLAMPの、ファンサービスは嬉しいけど行き過ぎるとツバサみたいに詰め込みすぎ消化不良気味になりそうなので、そこそこにしていただきたいっ
まぁ舞台が東京ではなく京都なのであんまり絡んでこないとは思うんですけどね。どね。
にしても京都かー……ワクワク

まぁ本音をいっちゃうととりあえず橘さんですね私の頭の中は……あれ、まずい。いつもあのタイプに嵌る。あれ、まずい。
でも桜さんもすごくいい味なキャラっぽいよなー!そして絶対に致佳人にも何かしらのバックボーンがあると思われるのではは、黙る。

そんな感じ。ホントはもっとぶぎゃああああ状態なのですがとりあえずここらへんで。

前の記事の続きというか。

ペンギン革命全部読みましたよ……素敵でした……*^^*
思いのほか感想が沢山沢山あるので、追記に。
でもこれだけは言いたい。言わせて。
藤丸……プロポーズにOKしちゃいなよ……(笑)
続きを読む >>

漫画のすゝめ

まだ3巻までしか読めていないけど……!この人が表紙の巻を載せるっきゃないでしょ……!

こんにちはほしなみです。
ええと、今回友達から素敵な少女漫画を借りました。というかトレードしました。いつものことです。
ペンギン革命を借りたのですが……ええとつまりだな
奈良崎さんがクリティカルヒットジャストミートすぎた
……はい。

敢えてあらすじとかなんやかんやと説明しませんし、するとによによが止まらないのでできませんけど!でもでも……奈良崎さんかっっこよい!!!はうー……><!

ほしなみの好きなキャラ分かりにくいってよく言われますが(友達に笑)、これは凄く分かりやすくジャストでベストなキャラでした(笑)

個人的にまとめるのなら、クールビューティちょいずれ天然かつイロモノ本気先輩きらきら系……?うん。意味分からん(笑)
いやでもまとめると!圧縮するとそんなノリ!(笑)
ただまぁいつでもどこでも木刀をぶんまわす怖いお兄さんではある……(笑)

好きなキャラって私、結構厳選してるつもり(つもり)なんですけど、奈良崎さんは喰い込んできそうです^^

いやぁ……
ここのところ読んだ少女漫画(というか白泉社漫画)が、夏目、ヴァン騎士、草川作品等だったので、男の子が積極的に女の子に迫る構図(女の子って思ってないけど笑)が久しぶりでした。
あ……ヴァン騎士はそういうの例外ね(笑)迫るとか迫らないとかではなくて、全ては決められたことor打算だから……

十二秘色のパレットや八潮と三雲を読んでると、むしろ女の子が押せ押せモードだったので(いや……違うか……?)ね……がつがつしてる男の子は久しぶりでした。

奈良崎さんよいです*^^*かっこいいっ!

うわー……女の子い記事だわ……(笑)

テスト終了のお知らせと、絵茶ったよって報告

テストの終了(二重の意味で)と、マツリさん宅のイザヤカクの絵茶にお邪魔してきましたよ〜という話です……




デカいのでサムネで……^^;
一枚目の左のおじさまがほしなみ、パパ上がマツリさん、下の絵は……すみません分かりません><!(おいっ
二枚目は左から、マツリさん、ほしなみ、りょう。さん、南條さんです!
ありがとうございました!
ROMの方もいらっしゃってたのですが、お名前許可とかを頂いていない……;(おまっ
ていうか絵の方もどこまでお名前を出してよいのやら……;(おいおいこらこらっ)
ええと、一応ROMの方は、パン子さんといちかわさんでした!
ここを見て、名前出すなよおら、という方がいらっしゃったら気兼ねなくドツいてやって……!ほしなみのこと!
後、あってはいけない話なのですが名前まちがってんだけど、という場合もつっこんであげてください……大丈夫だと思う……今回は!!
後は一枚目の素敵な右下の絵を描いた方……マジすみませんホントすみません

はふう……お絵かき……
楽しかったけど、自分の画力のなさを痛感した!
ってサイト更新せねばねば……

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
Twitter
本棚
天武朝皇親(吉野の盟約)bot
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM