<< ウテナ黒薔薇編についても | main | 己には世界一つ在るのみ、世界には己一人居るのみ >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.06 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


横溝正史読んでます

 CLAMPの大川さんが横溝正史の大ファンという事なのですが、その横溝作品を今更になって読んでおります。浅学申し訳ないって感じですが。グロすら美しい感じはやっぱり大川さんに通じるものを感じます。って平凡な感想だなぁ我ながら。
 
 ところで金田一耕助っていう探偵は、本当に何というか、私の探偵というものに対する固定観念を突き崩し……って程でもないんですが、兎に角探偵のイメージがちょっと変わりました。
 これでも一応ミステリーの古典とかって言われるものはそこそこ読んで居るのですが、探偵のキャラクターって、結構突飛な感じが多いと思います。代表はホームズですけど、要するに何を言いたいかと言えば、頭の切れる感じを出そうとすると、勢い性格が尖る、若しくは尖らせない様に工夫した結果、何だか「居そうにない」キャラになる。或いはキャラが薄くなる。ポワロとかキャラ薄い探偵の代表の様な気もします(ポワロファンに刺されそうな発言で済みません。赦して)
 なんだけど、金田一さんって凄い人格円満(ってTwitterでは言いましたけど)というか、兎に角、何かどっかに居そうな雰囲気尚且つ人間としてバランス良いというのか、内面が安定して居るんですよね。
 それに加えて、事件の関係者……つまり被害者とか加害者とか、その家族とか……に彼は凄い気持ちを傾ける処がありますよね。客観性とか全然なくて、寧ろ自分から渦中へと入っていく。とてもウェットな探偵なんですよ。ていうかウェットな探偵って聞くだけで妙な感じ。
 「黒猫亭事件」なんかでは命に関わるピンチが彼を襲う訳ですけど、その時の金田一さんなんてもう、何というか……個人的に大層衝撃的なシーンだったんです。よわよわだな!っていう。でも彼にとってショックなのは、殺されそうになったという事よりも、その人が彼を殺さざるを得ない状況に自分が追い込んだっていうか、つまりまた殺させようとした自分、みたいなのがショックなのかな、とかまぁ邪推すれば色々出て来るのですが、兎に角優しくてウェットなんですよね、人としてね。其処が凄い良いなぁと。
 多分これの一つ前に触れた探偵ものが「SHERLOCK」だったせいで、奇人変人社会のゴミな探偵に食傷気味だったので、凄い癒されたんだと思いますが。
 
 
 はあぁ。しかし金田一さん良いですね。BJ先生好きな感じのノリで好きです。

スポンサーサイト

  • 2016.05.06 Friday
  • -
  • 02:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
Twitter
本棚
天武朝皇親(吉野の盟約)bot
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM