<< 書けるかな書けるかな | main | 優しさの夢を見る >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.06 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


読書の卒業

 お久し振りです、ほしなみです……。相棒のΣさんに、流石に「ブログ更新しろよああん?」と言われ(嘘)、むっくりのっそりこれを書いて居ます。
 リア充してます……。忙しいです……うん……。あと、ブログをこのままJUGEMのこのブログを使っていくか、Tumblrに変えるか、ちょっと考え中です。これからのオンでの作品の投稿も少なくなりそうですし……。あ、消えたりはしませんので、って誰に書いとるんじゃ。まあ潮の流れっていつどんな風に変わるか知れたもんじゃないので、今すぐは決断しないのが良いかな……と思ってます。

 そういう事はともかくとして、ちょっと十二国記について思った事(内容面ではなくて、二次創作で十二国記を取り扱う事)をつらつらと。
 まず、十二国記の二次創作をトータルで八年位やってる訳ですが、これからもコンスタントに書けるかというとちょっと、どうかなあという感じです。理由はこれから書きますが、一言で言うならば、十二国記の世界にダイビングをする事は、最近出来なくなりつつあるなあという事……になるのかな。
 私は小学生の時十二国記を読んで、CLAMPと創竜伝一色だった脳みそに新風が吹き込んで来たのを、今でも良く覚えて居ます。そこから小野不由美ワールドに夢中になって、同人とか二次創作というヲタクフィールドに足を踏み込む様になって。それらは全部十二国記と出会ったからです。
 私はずっと虞て居ました。私がCLAMP作品を好きじゃなくなる日が来るんじゃないだろうか。小野作品とは違って、CLAMP作品は私の中で色褪せてしまうんじゃないだろうか。そんな風に考えて、じりじりしながら中学三年、高校一年辺りを過ごしました。本当に好きだと思って居たものも、実は一過性の興味や情熱によって、愛情を傾けていられるだけなんじゃないか。私がヲタクで在り続けて、常に戦って居た不安はそれでした。私は愛情を崩しにかかって来る時間との戦いに万全の装備で挑みたくて、創作という、何か形を残せる愛情の発露形態を磨いていったのかもしれません。
 でも、最近感じるのは、それとは異なる別離です。愛情は引かないけど情熱が退く、そういう別離です。十二国記を読んで居ても、私はそれを何か聖典の様に崇める事は、もう出来ない。『指輪物語』と同じ様な読み方は出来ないし、CLAMP作品と同じ様にも読めない。巧緻なエンターテイメントとしてしか、楽しめない。逆に、エンターテイメントとしては特筆すべき作品だと思える。あの本の中に存在して居る世界観は、私にとってはもう小宇宙ではありえない……そろそろそういう日が来る頃だろうと思います。
 これからも、気まぐれに二次創作の小説を書く事は出来ると思う。気が向いて考察をする事もあると思う。でも、何かしらの情熱でもってそれらを語る事は、出来ない。あの世界、ヲタクの文化色濃い愛情と情熱にまみれた世界を出て、私は新しい視座を獲得しつつある気がする。
 小野作品とCLAMP作品は、私の中でどんな風に扱いが違うのかな……と以前から思ってはいたのですが、こんな風に違いが出るとは思わなんだ。
 あ、でも別に嫌いになったとか、冷めたとか飽きたとか、そういうのではないです。新刊凄く楽しみです。ただ、森薫の新刊が楽しみな様に、夢枕獏の新刊が楽しみな様に、そんな風に楽しみなだけです。という話でした。
 ……分かりにくかったんじゃね?

 最近、ヲタク廃業の危機だろうかと自分が怖いのだけど、ヲタクなパッションの向かう先が以前より、よりキャラとか設定とかから遠ざかった抽象的なもの……物語や歴史の流れや思想……に流れてしまって居るので、これからも依然としてヲタクなのですが、何かサブカルとは馴染めなくなりつつあります。それに最近のサブカルって、そろそろ底が見え始めているというか、ぼちぼちクールジャパン潰える日というか。
 CLAMP作品は永遠の金字塔ですし、バイブルですので、そこは相変わらずです。拗らせてるけど。これからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

  • 2016.05.06 Friday
  • -
  • 05:46
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
大丈夫ですよ。ほしなみさんは無理しなくても心配しなくてもオタクですよ。
ただ日常の中に充足感や刺激があると、サブカルってものは遠のいていくのかな、とは思います。思考はより深く、興味はより抽象に…今そういう時期なんじゃないのかな。

サブカル欲しくなる時はきっと欲しくなりますよ。
CLAMP先生は偉大ですしね。

まあ今のまま進んでも全く構わないし、Σは思想・抽象ターンのほしなみさんも好きなんでどうぞよろしくお願いします。
  • Σ
  • 2015/02/01 11:27 PM
Σさんありがとうー!返信遅くなってしまって申し訳ぬ。
うーぬ、長いスパンで見れば大丈夫って事なのかな。リア充してしまってて、何か違うぞこれ感尋常じゃないんだけどね……(笑)
自分とサブカルとの距離がどんな時どんな風になるのかなって、人生の上で色々確かめてみるのも良い事なのかもね。
ありがとうございます!
  • ほしなみ
  • 2015/02/22 2:10 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
Twitter
本棚
天武朝皇親(吉野の盟約)bot
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM